女子大生の日記

女子大生の日記

大学、資格、TOEIC、NEWS、Sexy Zone、日々のくらしの記録(*´`*)

文系大学院への進学が決定しました

先日、正式に大学院に合格いたしました♡

推薦をいただいており、自分の大学の院にそのまま進むことになりました。

来年から院生生活がんばります(*^^*)

 

文系で大学院に行くのは珍しいことですよね。

なので、せっかく合格したことですし、ここまでの記録を残しておこうと思います。

文系大学院への進学を考えている方のお役に立てますように!

 

 

 

 

  

文系大学院への進学を決めた理由

きっかけ

きっかけは、大学二年生の秋。親のすすめでした。

それまで就職しか考えていなかったのですが、

「就職するより勉強し続けて好きなこと研究してたほうがいいじゃん!」と言われ。

それでちょっと考えるようになりました。

しかし理系じゃあるまいし、まさか本気で院進することはないでしょ…友達もみんな就職だし…と思っておりました。

とはいえ、せっかく面白い機会を与えてくれたため、近くにある某旧帝国大学の院へ研究室見学に行ってみたりしていました。けれども、そこの内容が自分には向いていないことに気づき…そのうち行くのをやめてしまいました。

 

そんなこんなで大学三年生になる春休み、インターンシップをどこにしようか親に相談しました。

すると言われました。

 

「どうせ就職しても自分よりあほな人にこき使われるだけだし、好きなことできないよ。そういう人生でいいの?いいなら止めないけど…。自分にしかないスキルを身につけて、好きな仕事したほうがいいと思うけどなぁ。」

 

と言われ…確かにその通りだと思いました。よっぽど優秀な人間じゃないかぎり、永遠にこき使われ続ける人生が待っている…

そんなの絶対に嫌だ!避けられる方法があるなら絶対そっちを選択した方がいい!文系だって大学院に行くべきだ!と強く思いました。

 

しかもちょうどいいことに、このとき私はある問題意識を持っていて、それを解決するにはどうしたらいいかについてよく考えていました。

これを院の研究テーマにすればいいのでは?

 

よーし、

院に行ってスキル身につけて好きな仕事するぞ!!

インターンシップもやらないぞ!!

 

こうして決意を固めました。

 

 

行き先の選択

どんな研究室に行こうか調べていたところ、

自分の大学の院と、近くの某有名大学の院に、自分がやりたいと思う方向の研究室を発見しました!

どちらに行こうかとっっっても迷いました。

できることなら某有名大学の院に行って学歴ロンダしたい…

でも私の学力だと合格できる自信がないし、浪人は絶対しない主義の家だからなぁ…

しかも自分の大学だと推薦で行けるっぽい…?(推薦の権利があるかまだわからないけど)

 

落ちるかもしれない挑戦をするか、確実に合格できそうな方に行くか。

 

迷いに迷ったあげく、安全な方を選択しました。

推薦の権利を捨ててまで、落ちるかもしれない試験に臨むのは怖すぎました。

それに、自分の大学はとってもいいところ(私の地方では某旧帝国大学の次にいいところです!笑)で気に入っていましたので!

今でもこの選択は正しかったと胸を張って言えます♪

 

 

 

就活について

周りと違うことをする不安 

ここまではっきりと決まっていても、やっぱり周りと違う選択をするのはすごく不安なことでした。

周りに院進の子は1人もいないため、みんなインターンに行ってたり、企業説明会に参加していたり、ES書いてたり…。

このとき私はまだ推薦の権利があることが確定はしていなかった(安全圏らしいというだけ)こともあり、毎日不安でいっぱいでした。企業説明会にも少し参加していました。

大学院、ちゃんと合格できるのかな…仮に合格したとしてその後の人生ってどうなるんだろう…

みんなと違う人生になってきてるけど、ほんとに大丈夫かな…

こんなことばかり日々考えていました。

 

まわりがすごく動いていると、 

やっぱり、就活したほうがよかったかな~…

という気持ちにどうしてもなってしまいました。 

 

 

未来から逆演算すると、最良の選択が見えてくる

しかし、発想の転換で人生を未来から今に逆演算して考えてみたとき。

やはり院進はしなければならないことに思えてきました。

その理由がこちら。

 

・人生好きなことして楽しく生きたいし、食べていくのに困るのも嫌だ

・ということは好きな仕事かつ他人では代替不能な仕事をすればいい

・ということは自分が、他人より特化したスキルを持つ必要がある

・ということは院進して、学部よりも深くて確かな専門的知識を身につければよい

・しかも好きなことを研究できる

 

 ……最高の選択だと気づいちゃいました!!わ~い

この事実に気づいたおかげで就活への思いをすぱっと捨てることができました。

 

  

 

推薦入試

大学院推薦入試のしくみ 

私の学校で院進の推薦の権利を得るには、在籍学科での成績が上位30%以内であることが求められます。この権利があるかどうかわかったのが4年生の5月半ばだったのですが、もうそれまで毎日寿命をすり減らしていました…笑

安全圏とは言われていながらも、

「大学生の成績なんて関係ないよね~!遊びたおすぞ~!」

という、 よくある雰囲気 にのっかっていたため、ちょっと自信がなかったのです。笑

 

しかし無事に推薦の権利があることが確定し、推薦入試の権利を手に入れることができました。

いっぱい遊びつつ、TOEICや資格の勉強もしつつ、大学の授業もクリアしていく…という、二足ならぬ三足のわらじ生活を送りながらも権利が得られたのは、まさに僥幸だなぁと感じております。よかった~♡

 

 

 入試への準備

提出書類の中身は、志望動機、院での研究計画書、卒論の概要です。

それと、面接試験があるので、それの準備が必要です。

 

私の在籍学科と、行きたい研究室は異なる分野にあります。

となると当然面接で突っ込まれそうですよね(実際そうでした)。

備えていくべきだったのに、提出書類の内容を記憶するにとどまってしまい、当日の面接でちょっと恥をかいちゃいました…

みなさんはこんなことがないように、細心の注意を払ってくださいね!

 

 

  

合格後  

合格発表を見た瞬間からすっかり気が緩み、の~~~んびりした日常を送っています。笑

さっそく友達と夏らしいこといっぱいしてます!楽しい~♪

友達もいつのまにか全員内定をもらっていて(おめでとう!!)、なんだかんだで進路の確定は一番最後でした。笑

  

そうそう、先ほども申し上げた通り、院の専攻は学部とは全く違うものになるので、そちらでの授業についていけるかとっても不安です;_;

でもでも!がんばりますよ~!せっかく親に行かせてもらうわけですから。

自分が勉強を頑張るという形で、親孝行したいと思っています。

学びの場を与えてくれた両親に感謝です。

 

 これから卒業までは、卒論や資格取得、院の予習を頑張ります!!

これからの二年を絶対に有益なものにするぞ~!!